ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

国政を思う 社民党地方議員の声(埼玉県坂戸市議会 武井誠)

埼玉県坂戸市議会議員 武井誠(社民党)
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
国政ブログトップへ(最新記事ページへ)
<< 国政ブログを始めます。 | 国政ブログトップへ | あいつぐ愚かしい発言 >>

議員の劣化と、若者の輝くスピーチ

 私の説明に間違いはないと思いますよ。私は、総理大臣ですから。
 (法律を憲法に合わせるのではなく)憲法を法律に合わせる。

 ミサイルは武器ではない。
 核兵器も輸送できる。

 増長するマスコミは懲らしめなくてはいけない。

 戦場に行きたくないという若者は利己的。戦後教育が悪い。

 安倍総理を筆頭に、中谷大臣、自民党の中堅、若手議員たちの発言。もうなんというか、まともに批判、反論するのがばかばかしくなるような状況です。しかし、それではいけないのでしょう。先日の委員会における社民党福島みずほ委員の質問のように、ひとつひとつきっちり論破していくべきです。どの発言をとっても、辞職に値するものばかりです。

 一方、街頭における大学生、高校生のスピーチには、本当に感動するものが多い。

 少し遠目からみれば、早晩、安倍政権は倒れるでしょう。

 それが、法案の強行採決によってとんでもない遠回りになる、あるいは破局という最悪のシナリオにならないよう、今、全力を尽くしましょう。

 8月30日に、国会を10万人で包囲するという計画があります。全国で100万人が立ち上がることをめざしていると、戦争をさせない1000人委員会のホームページにありました。

 こちらです。
この記事のみを表示し前後に移動
国政ブログ記事へのご意見・お問合わせ
国政ブログは、国政に関する、社民党、
武井誠の主張を記載します。
国政ブログについて
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア