ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

国政を思う 社民党地方議員の声(埼玉県坂戸市議会 武井誠)

埼玉県坂戸市議会議員 武井誠(社民党)
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
国政ブログトップへ(最新記事ページへ)
<< 議員の劣化と、若者の輝くスピーチ | 国政ブログトップへ | 「徴兵制」について >>

あいつぐ愚かしい発言

 「戦争に行きたくないのは自己中で利己的個人主義、それは戦後民主教育が悪かったからだ」という、自民党の武藤貴也議員の発言に非難が集まっています。

 しかも、新聞報道によると彼の所属する麻生派会長の麻生副総理は、派閥の総会で武藤氏の考えが間違っていると指摘するのではなく「この法案を1日も早く成立させるのが優先順位の一番だ。自分の気持ちが言いたいなら法案が通ってからにしてくれ。」と述べたそうです。

 語るに落ちるとはこのことで、つまりこれが、自民党=安倍政権の本音であるということです。武藤議員はもちろん、腹の底では安倍も、麻生も、この法案は戦争法案だと思っているのです。

 本当に、許せないです。

 (明日に続く)
この記事のみを表示し前後に移動
国政ブログ記事へのご意見・お問合わせ
国政ブログは、国政に関する、社民党、
武井誠の主張を記載します。
国政ブログについて
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア