ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

国政を思う 社民党地方議員の声(埼玉県坂戸市議会 武井誠)

埼玉県坂戸市議会議員 武井誠(社民党)
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
国政ブログトップへ(最新記事ページへ)
<< 辞職してほしい自民党議員、さらに2人追加 | 国政ブログトップへ | 「命」を大切にする「経済」を >>

札束で、頬をたたくようにして

 停止原発、交付金減額へ 自治体に再稼働圧力

 今朝の毎日新聞、1面トップの記事です。

 川内原発再稼働に伴う措置とのことです。

 福島原発事故は、全く収束していません。今、メルトダウンした燃料棒がどうなっているかさえ分からない、増え続ける汚染水をどうしたらいいかもわからない、甲状腺癌の発見される子どもは増え続けている。そういう中での川内原発再稼働は、狂気の沙汰です。

 電力は余っています。再稼働確定と共に、いつの間にかマスコミを動員した節電キャンペーンは聴かれなくなりました。

 そして、居住制限を解除し、避難者への補償削減・打ち切りを図る卑劣さ。

 一言で言えば「命より利権」なのです。沖縄の基地問題も原発再稼働も、新国立競技場問題も、そしてTPPも戦争法案も、構造は同じです。

 尾を振るものにはカネをばらまき、逆らう者はカネで脅し、彼らはそれで人は動くと、思っています。

 私たちは、なめられています。
この記事のみを表示し前後に移動
国政ブログ記事へのご意見・お問合わせ
国政ブログは、国政に関する、社民党、
武井誠の主張を記載します。
国政ブログについて
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア