ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

国政を思う 社民党地方議員の声(埼玉県坂戸市議会 武井誠)

埼玉県坂戸市議会議員 武井誠(社民党)
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
国政ブログトップへ(最新記事ページへ)
<< いよいよ、明日 | 国政ブログトップへ | たかが集会、されど集会 >>

武器ローン、4兆8815億円

 エンブレムや新国立競技場問題も、確かにニュースで取り上げられるべき不祥事ではありますが、今日の一番のニュースは、東京新聞1面トップのこれではないかと思いました。

 防衛省の2016年度予算概算要求です。前年度比0.7%増ですが、実際はオスプレイなどの武器等購入費の支払いを翌年度以降に先送りする「後年度負担」が膨れ上がり、5兆円近くになるというものです。今年の概算要求に近い金額です。

 「抑止力」を競えば、果てしない軍拡の泥沼に引き込まれます。短期的には、戦争準備にかかわる大企業によって景気や株価が上昇するかもしれませんが、その先には破局が待っています。今、安倍政権を退陣に追い込まないと、この装備拡大路線のツケを、のちの政権が背負わされ、それは私たち国民の税負担となります。

 付言すれば、エンブレムや新国立競技場問題によってではなく、戦争法案強行採決、それに基づいた来年度予算、早晩現実のものとなる戦争参加、あるいはテロ被害。このことによって、東京オリンピックは開催不能になる可能性が高い、と私は思います。
この記事のみを表示し前後に移動
国政ブログ記事へのご意見・お問合わせ
国政ブログは、国政に関する、社民党、
武井誠の主張を記載します。
国政ブログについて
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア