ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

国政を思う 社民党地方議員の声(埼玉県坂戸市議会 武井誠)

埼玉県坂戸市議会議員 武井誠(社民党)
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
国政ブログトップへ(最新記事ページへ)
<< 戦争法案廃案!9.14国会正門前座り込み行動へ | 国政ブログトップへ | 中央公聴会 >>

警備の想定を超えた?参加者数

強行採決反対集会
 国会前の強行採決反対集会に参加しました。あまりマスコミで報道されないことを記します。

・開催前から、主催者側は、再三「事故のないように」「非暴力で」と注意。
・集会は、怒りの表明が続きましたが、整然と進行。
・やがて、国会前では歩道から人があふれ、議事堂前の車道に。
・それでも主催者側は、参加者に「押さない」「ゆっくり動く」ように注意。
・警察車両が何台も異動し、集団の中に強引に突っ込み、分断。
・主催者のスピーチは、警察の行動への批判に。
・同時に、挑発に乗らず、逮捕者を出さないようにという注意が続く。
・集会の最後には、怒りの「(警察は)帰れ!」コール。

 少し離れたところにいましたが、挑発とも取れる過剰警備を目の当たりにして、警察という組織が、なにからなにを守ろうとしているのか、垣間見えたような気がしました。(上司の指示で動かされる若い警察官も大変です。)

 それにしても、平日の夜なのに、ものすごい数の参加者でした。主催者発表4万5千人。この国の歴史を変える2週間が始まりました。
この記事のみを表示し前後に移動
国政ブログ記事へのご意見・お問合わせ
国政ブログは、国政に関する、社民党、
武井誠の主張を記載します。
国政ブログについて
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア