ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

国政を思う 社民党地方議員の声(埼玉県坂戸市議会 武井誠)

埼玉県坂戸市議会議員 武井誠(社民党)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
国政ブログトップへ(最新記事ページへ)
<< 「叙勲」を嗤え | 国政ブログトップへ | 両替商(銀行)の仕事 >>

果てしない軍拡に歯止めを

 「力で、人を押さえつけようとすれば、相手はもっと大きな力を持とうとして、きりがなくなる。」NHKの朝ドラ「あさが来た」のなかで「あさ」の夫「新次郎」が、こんな意味のことをいってました。ピストルの力で、炭坑労働者にいうことをきかせた「あさ」に、それでいいのか?と。

 脚本家の、今の世相に対する批判のようなものを感じたのは、私だけでしょうか。

 軍事力によって平和を作ることはできません。報復につぐ報復が戦争です。真実を隠し、人々の中の差別心や復讐心をかきたて、貧しい人たちの命を食い物にして、兵器を作る人たちが儲けるのが戦争です。

 愚かしいことです。

 無人機で、ISの人質殺人容疑者個人を爆撃したというアメリカ軍、これを成果とするような一部の報道姿勢、どこか、おかしくないか。
この記事のみを表示し前後に移動
国政ブログ記事へのご意見・お問合わせ
国政ブログは、国政に関する、社民党、
武井誠の主張を記載します。
国政ブログについて
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア